スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
一粒の信仰 - 自分を信じよう! -
2008 / 02 / 16 ( Sat ) 20:19:51
今日も月に一度の聖書の手話翻訳で

13節分を一気に訳してきましたε=Σ( ̄ )






≪ルカによる福音書 17章5~6節≫

使徒たちが、「わたしどもの信仰を増してください」と言った時

主は言われた:「もしあなたがたに、からし種一粒ほどの信仰があれば

この桑の木に、『抜け出して海に根を下ろせ』と言っても

言うことを聞くであろう」

信仰は神との信頼関係であって、あるか、無いかで

分量ではありえないと言う教えですけど



昨日、自らの命を断った友人を見送った私としては

宗教とは関係なく

人々が自分の道を信じて歩んで欲しいと思います

その信じる力が、たとえ種ほどの小ささでも

種はいつか根が出て、芽を出し木になります

どんな事があろうとも、自分を信じて生きて欲しいです




拳銃は家にいらない

*この銃はひいおじいさんの銃で、弾丸はありません

スイスは、永世中立国ですが

徴兵の義務があり

各家庭に武器があります

武器を家庭で維持することが

スイス男性の誇りのようなものでしたが

この頃は、この武器が

殺人や自殺に使われるようになり

問題化しています

昨日の友人も、兵役の武器で自殺しました

もはや、家庭で武器を維持することは

伝説となるかも知れません

もう、銃だけで国を守れるような戦争もないだろうし

徴兵制度から職業軍人制度へ移行すべきだと思います





ランキングに参加しています


応援のポチ!よろしくお願いいたします


newbotan.gif

 
ありがとう


ランキングバナー+額:
Fake~さん作

スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体


グルペット&ポム TB:0 コメント:10 admin page top↑
<<今週は長かった・・・ * HOME * 人生という題名の小説>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

徴兵制度は賛否両論ですね。
イギリスはかなり前に廃止になったらしいですが、
「だから最近の若者はなっとらん」という考えの人も多いようです。

銃が家にあっても無くても、他の方法を取って人を殺める人は殺めるだろうし
自分の命を絶つ人は絶ってしまうのだろうと思いますが、
そうする前に命の重さを考えて欲しいですね。
生きてさえいれば、できることがたくさんあるんだから。
by: Middy * 2008/02/17 02:35 * URL [ *編集] * page top↑
  エ~ぇ 各家庭に武器が・・・!

グルポンママさん こんにちは。
聖書の手話通訳のお仕事お疲れさま。
この世に生を受け自分の人生を全うし
「いい人生だった」と言える人生を送り
たいものですわね~。
永世中立国のスイスでも徴兵制度が
見直されるときが来ているのでしょうか?
「命の大切さ」が置き去りにされた結果
此方でも日常茶飯的に惨事が起こる
恐ろしい世の中になってますわ。
こころの拠りどころとしての信仰が見直
されるべきでしょう~ね。

by: kei * 2008/02/17 04:47 * URL [ *編集] * page top↑
 

昨日一日缶詰でしたか・・・ご苦労様です。
スイスは民間防衛の国各家庭に武器があるるのも分かりますがもう武器は必要ない時代
銃規制は大賛成です。
世界中で銃による悲しい事件が起きてます銃は人や動物 を殺傷するためだけに出来た物・・・。

日本でも自殺が年々増加してますいじめだったり裏切りだったり人間関係が家族の関係が希薄になってるように感じます。
自分に与えられた命は何が遭っても絶ってはいけない辛い事は長い人生の中ほんの一瞬



by: 陸ママ * 2008/02/17 08:10 * URL [ *編集] * page top↑
 

たとえ徴兵が有ったとしても職業として軍人を目指さん限り、銃の使用、まして所有は認めんことやなぁ。所有は職業軍人でも具合悪いなぁ。。。
ただ日本のように徴兵がないと『痛み』を知らんヤツが増え過ぎとる。
自分の痛みも人の痛みも解らんから悲惨な事件が起きるんやないかなぁ。。。
by: Fake~ * 2008/02/17 10:11 * URL [ *編集] * page top↑
  Middy さん

>銃
徴兵制度は賛否両論ですね。
イギリスはかなり前に廃止になったらしいですが、
「だから最近の若者はなっとらん」という考えの人も多いようです。

そうですね、そんな意見も出るかも知れませんね。でも懲役のある今の若者もしっかりしているようには・・・それに、軍隊は、お酒やタバコ、その他色々を覚えるような所みたいですv-392

>銃が家にあっても無くても、他の方法を取って人を殺める人は殺めるだろうし
自分の命を絶つ人は絶ってしまうのだろうと思いますが、
そうする前に命の重さを考えて欲しいですね。
生きてさえいれば、できることがたくさんあるんだから。

ホントホント!
短い人生、やりたい事は山ほど!
自分なりの人生を歩める事が出来たら幸せです♪

by: Sheltie 大好き! * 2008/02/17 10:26 * URL [ *編集] * page top↑
  kei さん

>エ~ぇ 各家庭に武器が・・・!
グルポンママさん こんにちは。

おはようございます~

>聖書の手話通訳のお仕事お疲れさま。
この世に生を受け自分の人生を全うし
「いい人生だった」と言える人生を送り
たいものですわね~。

そうですね。
ホントそう思います。良くするも、悪くするも、全て自分しだいですよね♪


>永世中立国のスイスでも徴兵制度が
見直されるときが来ているのでしょうか?

いざと言う時に、国を守るための兵器が、殺人や、自殺に使われるようになった今、いろんな議論が出ています。

>「命の大切さ」が置き去りにされた結果
此方でも日常茶飯的に惨事が起こる
恐ろしい世の中になってますわ。
こころの拠りどころとしての信仰が見直
されるべきでしょう~ね。

あまり宗教にはこだわりたくありませんけど、自分を愛して欲しいと思います。人生をもっと大切に生きて欲しいと思います。
by: Sheltie 大好き! * 2008/02/17 10:32 * URL [ *編集] * page top↑
  陸ママ さん

>命
昨日一日缶詰でしたか・・・ご苦労様です。

昨日は、比較的早く終わって嬉しかったですv-398

>スイスは民間防衛の国各家庭に武器があるるのも分かりますがもう武器は必要ない時代
銃規制は大賛成です。
世界中で銃による悲しい事件が起きてます銃は人や動物 を殺傷するためだけに出来た物・・・。

そうですよね。いまさら銃を持っていたって・・・
ボタン一つで人類破滅できますからね。
核兵器もなくして欲しいです。


>日本でも自殺が年々増加してますいじめだったり裏切りだったり人間関係が家族の関係が希薄になってるように感じます。
自分に与えられた命は何が遭っても絶ってはいけない辛い事は長い人生の中ほんの一瞬

そうですね。
ほんの一瞬の辛い事なんて我慢できるし、直ぐ忘れられますよね。
思い出すことは、楽しかったことのほうが多いもの!

by: Sheltie 大好き! * 2008/02/17 10:38 * URL [ *編集] * page top↑
  お兄ちゃん

>たとえ徴兵が有ったとしても職業として軍人を目指さん限り、銃の使用、まして所有は認めんことやなぁ。所有は職業軍人でも具合悪いなぁ。。。

そうよね。
昔の人は、そういう物騒なものが家にあっても、決して使用するなんてことしなかったし、それを誇りにしていたけど、今はもう・・・


>ただ日本のように徴兵がないと『痛み』を知らんヤツが増え過ぎとる。
自分の痛みも人の痛みも解らんから悲惨な事件が起きるんやないかなぁ。。。

うんうん分かるその意見。
軍隊は、人生の学校のようなところでもあったのよね。
この頃は、太りすぎや体力がなく、徴兵できない頼りない男性も増えてます。
あ~この世はどうなってしまうんだ~


by: Sheltie 大好き! * 2008/02/17 10:45 * URL [ *編集] * page top↑
 

お疲れ様でした。
まだまだ続くのですか?大変ですね。
そこに銃があったから自殺した訳ではないと思いますが、
武器が簡単に手に入るというのは、やはり良くないですね~。
by: ラッシュママ * 2008/02/17 14:21 * URL [ *編集] * page top↑
  ラッシュママ さん

>お疲れ様でした。
まだまだ続くのですか?大変ですね。

6月までには終わりたいんですけど・・・
どうなる事やら・・・


>そこに銃があったから自殺した訳ではないと思いますが、
武器が簡単に手に入るというのは、やはり良くないですね~。

そうですよね。
無ければ思いとどまる人も居るかも知れないし、銃なんて必要ないですよ。
by: Sheltie 大好き! * 2008/02/18 00:00 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://grupongumi.blog105.fc2.com/tb.php/275-2a445c79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。